FC2ブログ

気づいたら3月でした

一個前の記事は新年あけおめなのにもう3月です……。二か月くらい放置してました……。
というのも理由?がありまして、最近特筆すべきことがなかったんですよね。
ソシャゲ合わない人間なので、ましろウィッチもやってないし……。でもうみねこコラボはちょっと見るだけでもすごいっていうか、まさかの竜ちゃん絵でコラボ+竜ちゃん絵に合わせてくる感じで、???!!!ってなりました……。この時代にうみねこ原作クラスタに目をつけてくるスクエニ謎(ローステのおかげで業の深い07thクラスタからむしりとれることにでもやっと気づいたのかしら)。まぁ、動機はさておき、なんでもいいんですけど、最近うみねこがあつくてうれしいですね!!

自分が最近何やってたかというと、本読んでました。
芥田川賞作家とかミステリーとかちょっとラノベとか……。
最弱無敗の最新刊も読んでました~。17巻にしてイラストレーターさん変わるのは結構びっくりしましたが、そんなに違和感はなく……。あいかわらずみんなすごすぎて何やってるのかよくわからないところはありますが、王道ファンタジーなので面白くて読んでしまう
あ、漫画も読んでました!「あせとせっけん」を読んでまして、いいですよね~。カップルににやにやできるのもあるし、フェチっぽい作者のこだわりがでてるのがよき……(*^-^*)性器が出てるえろさより、こういう全年齢向けからにじみでるえろさがすき

続きから読んでたミステリーものについて。

去年一回推理小説最近読んでますって更新したと思うんですけど、その流れで最近もぼちぼちミステリー読んでました。
去年の更新の時から読んだ物といえば、絡新婦の理は読みましたし、虚構推理も読んだり、あと麻耶雄嵩かな・・・・・?
以下感想かきますが、特にネタバレ配慮とかはありませんのでお気をつけて~

〇虚構推理
小説で本編も短編集も読んでました~!
なんというか、ミステリー系の漫画の原作をやられてる方だけあって、キャラメイクがイラスト向けっていうかオタク向けというか。
先に漫画の一話だけ読んでたのでキャラの見た目をわかりながら読んでたわけですが、うーんキャラがいきいきしてる
九朗のなんやかんや琴子を愛してるところがオタク的にはニヤァ…としますよねw 描かれてない琴子高校生~大学入学あたりとか、付き合い始めの話とか、オタクとしては知りたい……。
ミステリー的には自ら虚偽の事実を組み立てていくのがなんとも新しくて面白いですね!
普通のミステリーが謎があってそれを解くんですけど、虚構推理ってタイトル通り事実はわかっているけど別の論理を組み立てるっていうのがはぁ~~~すごい
本編の方では、鋼人七瀬の推理を三つ琴子を考えるわけですが、推理を披露する順番も、内容も、結論も全部計算しつくされていてほぉ~~~~~~
ファンタジーとミステリーが交差するような話は大好きなので、九朗の能力は全然いいんですけど、死にまくってるのに全然注目されてないから、読者の見てないところ(文章の見てないところ)で死んでは未来を選択して生き返ってる九朗先輩かわいそ……。愛する彼女のためなのか……。
キャラづけしっかりしてる作品だけあって、推理小説系統の中でも視覚化が本当向いてると思うので、アニメも楽しみ~~
漫画も読みたいな~

〇翼ある闇
メルカトル鮎シリーズは、以前、「メルカトルかく語りき」→「夏と冬のそなた」を読んでいたので、順番前後して今しましたが、ようやく一作目読みました。
一作目でメルカトル死んでんじゃん!!!!!!!!なぜにメルカトルをシリーズにした?????!!!!!ってメタ的な疑問が一番残るのであった・・・・・(^ー^)
あと夏と冬のそなたを読んだときはそんな文章に違和感なかったんですけど、翼ある闇はなんというか、会話文が読みにくいっていう違和感がすごかったので、一年で作者の文章能力の向上にびっくりした……。論理的に説明してる文章はすごい読みやすいんですね。でも小説的な会話や地の文が読みにくくて、ぺろっ…これは普段理屈っぽい文章に囲まれて生きてる人間の文……!!!!!!っていう感じ(?)
なんか文章批判してしまいましたけど、内容はとにかく面白かったです!!!違う推理が4回繰り広げられてるのもなんとも面白いですし、3回目のトンデモ現象もなかなかで、最終的にすべてをかっさらっていく主人公も、なかなか皮肉がきいててというか、作者の個性が思う存分出てる作品だな!!!!!!これがデビュー作ってなんともすげぇ性格してんな!!!!って感じですかね……。多少の文章の下手さは同人誌大好きオタクとしてはどうでもよくて、内容重視なんですけど、この作品は他の人には描けないんだろうな~って面白さがいいですよね。
私、作者より作品重視派なので、同じ作者の(同じシリーズは読んでも)違う作品が読みたい!!って思うことが全然ないんですけど(例外は竜ちゃんだよ)、メルカトルシリーズと「さよなら神様」読んで、麻耶雄嵩の作品すきだな~って思ったのでちょびちょび読んでいきたんですよね……。推理小説初心者ですけど麻耶雄嵩が好きっていうのが一般的ではないのはよーーーーくわかってるので大声出して言いにくいんですけど?(初心者のくせにそこにはまるのかよっていうのもある)、ひねくれ加減とか突拍子もない感じがすきで……(*^-^*)(ちなみに「さよなら神様」は最後のシーンが印象的ですきです❤)

うみねこを履修してると推理小説慣れしてなくても推理小説界の常識はしっかり身についてるので、推理小説楽しいです。
そんな感じでまたぼちぼち読みたいな~~
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://minntoameame.blog95.fc2.com/tb.php/600-ca943022

Comment

Comment Form
公開設定

リンク
最新記事
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ