アランのギャグ(風)の作り方メモ

理屈で作っていくやり方なので、感性でぱっと作れればそれが一番です!!!
あくまで自分で考えたアランのギャグっぽいものの作り方。
※自分用メモなので参考程度にどうぞ

基本系の形
1:3~4音
2:4音(下二文字統一)
3:5~6音(下二文字統一)
あくまで基本系。
「アーメン ソーメン チャーシューメン」が一番分かりやすいと思う
リズム的には、タンタン→タンタン→タンタンタン
狩野○考のギャグのアレだよ
アランの調子が悪い時は最後のリズムの尻切れ悪くなるけど、基本これ

基本系での作り方
1 なんか一個3~4音の単語考える 例)麺類
2 なんか一個下二文字がそろった4音の単語考える 例)人類
 ・ひとつめから意味がぶっとんでると面白い感じ
 ・言葉全体の音が似てると更に綺麗
 ・思いつかない場合は辞書ひけばいける(末端語から検索できるやつとか)
 ・それか予測変換とか
 ・日本語は3~4音の単語が割と多いので頑張る
3 なんか一個下二文字がそろった5~6音の単語考える 例)武者震い←これちょっと意味と文字面が固いのであまりよくない例だよ
 ・二つ目と意味一致か、一つ目二つ目からも意味ぶっとんでた方が面白い気がする
4 文字の見た目あわせてテンション高く言わせる 「麺類 人類 武者震い!」
5 適当に喋らせる
 キース今日何食べんの?→……麺類かなー→麺類 人類 武者震い!→ぷっ…何それ、くっくく!
 (笑い方ヘタ)

楽な方法(ぽくなる方法)
・二つ目は繰り返して擬音にする 例)リンリン
・三つ目は統一してる文字から初めてしまう 例)ラスク スクスク スクロール
・三つ目で思い切り音と意味を崩す 例)サクラ キクラゲ 俺、雪ちゃんにクラクラ~!
・最初か三つ目で「俺、○○」って3~4音の単語いれればなんかいける
・どっかで同じ音が末尾や先頭にきてなくてもノリでカバーしてなんかごまかす

一番楽な方法
1:適当に単語
2:最後の二文字繰り返す
3:最後の二文字から始める
例)ラスク スクスク スクロール

自分で考えた多分コツ的なもの
・ぱっと聞いて意味が分かりにくい単語は避けた方が良い
・ぱっとした印象の単語の「固さ」がちがうのも避けた方がよさげ
・応用編で四文節になったりするけど、そんな冒険は私はしない…
・自分でギャグ真面目に考えてるとすごく恥ずかしくなってくるので、バイバイ羞恥
・アランがにこやかに笑顔でいってくれそうならばそれでよし!!!
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://minntoameame.blog95.fc2.com/tb.php/512-4ac951a0

Comment

Comment Form
公開設定