ローガンラストシーズン感想2

まとまった感想をば。
ローガンラストシーズンネタバレ注意!





多少は落ち着いてきたので、まとまった感想かきます。

まず、楽しいことから。
キースくんが「アラン寒いよ」って言ってくれた!!!!!!
アラキー本当に夫婦だった!!!!!!!

なんかこう、公式が最大手だなって思いました……。
キースくんは絡み合いながらアランのどこに指を入れたの……?お前らシベリアで何してたの……?「夫婦になった」って表現おかしくね……?
あと梅九とアランの関係が可愛いですね。お兄さん呼びに最初慣れないの萌えですね……。気づいたら兄貴だし……。
アランと小蘭ちゃんが数少ない貴重な癒し成分でした!月餅さえあれば小蘭ちゃんをつかえるっていうとげしげしやられるの可愛い(つд⊂)
それからジャンヌがすっごい爽快でした!期待を裏切らないでくれたというか!
レオとの絡みもいいですよね。ジョンでアオーンっていっちゃうのがさすがレオ。
ローズもとってもローズで、本当頼りになるなぁと……!
あとあとチャールズやばかったです!昔はブラも分からなかったのに、今は男のお客さん相手に「お客様を喜ばせるお仕事」してるなんて成長したね/////////////(間違ったこといってない)

次に真面目なことを。
大尉の妹のアンジェについて考えてみます。最後ガブさんが大尉にうたれるしーんの大尉をみると、アンジェはガブさんが殺したのかにみえます。となると今までの妹からの手紙は偽造で……ということなんですがね。
でもちょっと考えてみます。
アランの大尉救出作戦(まさかのアラバトと大尉のお姫様っぷりにふいた)のあとに梅九さんが後は任せろといったきり、梅九さんが何かした感じがないので、これが怪しいと思うんです。
つまり、大尉の妹が枷になっていると知った梅九さん・若君はプリマヴェーラと金龍会が抗争にならない=リチャードを鎮めるために大尉に話させるのを最優先にした。だからどうにかしてアメリカのアンジェを殺しておき(大尉救出~ガブ殺害は短いので手紙が来なくても大丈夫です)、その後あの事件で外に出された大尉を捕まえて保護、「アンジェはガブリエルによってだいぶ前に殺されていた」と言って大尉に協力し、同時に保護したリチャードと大尉が話して、先にリチャに行かせて、後に大尉が……。という感じ。本当はアンジェを保護すればいいんですが、あの短時間でそれをやるのがかなり難しいと思います。
シーズン1でクローディアとウェインが人質に取られたときに梅九さんが「人質を保護するのは難しいが、殺すのは容易い」みたいなこと言ってるので、それが伏線なのかなぁと。
ガブリエルさんはアンジェを殺さないと思うんです。なぜならアンジェが死んでいると情報が漏えいした時点でもうアウトです。死んでいる人質に何の意味もありません。
でも逆にガブリエルさんがアンジェを殺したというのも本当かもしれません。なぜなら、アンジェの手紙によって結婚が一年先に伸びたとあります。それが怪しいといえば怪しいんですよね。そんな都合よくのびるものかと……。でもこれも逆に、結婚がのびてもその結婚生活だって大尉の汚職がばれれば破綻するだろうから、結婚がのびることに意味はないともいえます。
したがって私は金龍会が犯人説を押しますが、どちらともいえないという感じです。
ついでに、あの後大尉やGHQはどうなったんですかね……。
私の予想では、あの後ガブさんの作戦がばーーーっとばれて東京におけるGHQが破綻、そしてチャイナタウン化が急速に広まったのかなぁと。大尉はもう廃人でしょうし、ガブさんの後片付けを押し付けられた後は本国に帰るなりしたんでしょうか。
何にしても、もうイケイケな大尉はないでしょうね……。

最後に辛い話をします。
私、今本当に辛いんです……。うみねこのEP8の何十倍も辛くて……。
キースくんとアラキーに感情移入してしまったせいだと思います……。
私が淡泊で泣かない人間だからこの程度ですんでるのか、それともこんなに辛いのかは分かりませんが、物語をよんでまったく泣けない自分がここまでいらついて辛いのは初めてです。
正直、あんなに死ぬとは思いませんでしたし、なにもしてない・知らない人が死ぬのが本当につらくて……。
ガブさんはまぁ一番納得いきましたが。

ではキースくんについで考えたこと言います……。
キースくんは死ななかったのが一番つらいんです。
ラストシーズンはキースくんは生きてくれてアラキー的にはおいしかったんだから、キースくん好きアラキー好きの私はその点喜ぶべきなのに、その点のせいでここまで辛いです……。
まず、シーズン3で目の前でステラを殺されて祐司も危なかった(結局ガブさんのせいで死んでしまうけど)キースは、すっごい自分を追い込んだと思うんです。自分があのときなにかしていればステラも助かったかもしれないと。しかもアランと連絡は取れない。
でもキースはそんな重荷に耐えられるほど精神が強くない。だからステラやアランの復讐として金龍会を狙う。ここまではまぁリチャードを同じです。
キースが初めて一人で狙撃をしたときから寒いといったり吹雪をいう言葉を繰り返してます。アランがいないからトラウマが復活しかけてるのかなと。
そして狙撃したわけで雪ちゃんを殺すことになってしまいますが、雪ちゃんのアランの恋人だと気づいた瞬間「違うんだ、俺様は悪くない僕は悪くない」ってなるわけです。前雪ちゃんの顔をちらっと見たはずなのに、全然顔を覚えてなかったんでしょうね。あと「天才の俺様にもできない」って言っています。ここでキースが動揺すると一人称が「僕」になるのが判明して、この時アランは生きてるしもうとりかえしのつかないことをしてしまったと気づいたキースは復讐に加えて、自分を正当化するような動きをし始めるんです……。
しかもモーリスに「アランが裏切った」とかいわれたキースくんは暴走まっさかさまですね。
ついでにアランはキースが自分だと確認できれば自分を殺すことはないって確信してるのを前提に話してて、自分が裏切ったと疑われてるかもしれないのにそう思うんだなぁと……。
それでそのあとアラキー決闘ですが、梅九さんの前でキースは俺の伴侶だって言っちゃうアランもすごいし、地の文だけじゃなくてアランもキースも自分たちが夫婦だっていっちゃうのがすごいですね。
あと梅九さんはこれは仲直りじゃなくて決闘だって言ってますが、その後の二人の心理描写には仲直りもできる可能性があると分かります。つまり、決闘というよりは、なんでもいいしどうなるかまったくわからないけど、なんらかの結果をつけたかった、のかなぁと。
で、決闘はアランが勝つわけですが、その後キースがすぐ回復したとあるので、あの場では致命傷にならない程度、その場で動けなくなる程度しかやってないわけです。殺し合うと言ったのにとどめをささないのではなく、「させない」んだと思います……。キースの方が決闘前はあれだけアランを恨んでたしもう相棒じゃないって言ってたのに、いざアランが去っていくと9回もアランって叫びますし俺たち相棒だろとか言い出します。つまりキースにとっては本心では自分がケガすることなんかよりもアランが消えてしまう方がずっとずっと嫌なんだろうと思います。まぁ無理もないんですけど……。
そして1950年ですが、キースくん白髪です。ふきました。老けたね。多分あの決闘後ケガはまだよかったけど精神的に非常に辛かったんだと思います。
そこにレオが登場です。レオに嫉妬しているキースに対して「リチャードに認められたいから……」と言っていましたが、多分違います。ステラがあそこで「レオ・獅子神にだったらできる!」っていうのが非常に心にひっかかってて、それさえ克服すれば、自分の言い訳じみた自分の正当化をはっきり証拠づけられるって思ったはずなんです。天才の自分もできない、アランもできなかった、そしてレオにさえもできないとなれば、自分は100%悪くないって証明できますからね。
それで絶交のチャンスがあの静岡のシーンです。あの場面のキースくんは復讐をレオに邪魔されたくないんではなく、レオにさえできないことを証明したいだけだと思います。つまりもう復讐ではないんです。
で、レオはできてしまう。ローズもウェインも助かった。しかもあの状況の自分でもできた方法で。これでキースくんはもう駄目だと思うんです。まぁここで死ななかったからキースくんは悪運が本当強いと思います…。
考えて見れば本当皮肉です。
最初は祐司がえさ、ステラが飛び出す、キースが止める係。次は順番に雪、梅九、アラン。最後にローズ、ウェイン、レオ。
よく考えると、犠牲になったのが2,1,0って減っているんです。確かに結果的にアランは運が強かっただけかもしれないけど、それでも梅九さんは守れました。レオは全員守りました。しかも、後者2回はキースくんが仕掛けてます。本当に皮肉なんです……。キースくんは自分が最初からできないとあきらめていた、そこが一番悪い点だと思います。でも自分ではそれは気づいている。だからこそあの場ではあきらめてようがあきらめてなかろうが結果は変わらなかったと自分を正当化する方に走ったのかなと。
で、ついにあの日がやってきます。
ジェームズの手をなでてたキースがえろすぎてお前男娼デビューしたのかとか考えてました。
一人で鐘塔に待機するキースくんはアランアラン言ってますし吹雪だとか言ってます。ヤンデレじゃん
このころのキースは金龍会に復讐するものは全部排除してやろうというのとアランを殺したいって意思でいっぱいだと思います。どちらかというと後者優先のはずです。ヤンデレですね。(でももちろんいざとなったら殺せない)
狙撃眼鏡でアランを見たとき、キースくんは本当嬉しかったと思うんです。そこからキースはアランを殺すために動いています。
キース自身はアランを殺しても本気復讐にならないとは思っていない気がします。確かにまだ犯人は金龍会だと信じていますが、それなら梅九とか子龍を狙うべきで、アランを殺しても何にもなりません。アランが加担していたとしても協力者程度でしょうし。また、ずっとアランを殺したいって気持ちが強いんですが、自分でも分からない本心ではまだアランが相棒だと思ってるはずです。だから吹雪だといってアランを求めるんでしょうし、決してアラン以外とは組まないのでしょう。
そして二人は鐘塔で取っ組み合いの喧嘩です。もはや二人とも何のために戦ってるかわけわからないと思います。でも戦わなくちゃいけない。それが男というものだ……みたいな感じでしょうか。お互いに彼女を返せ!って言ってるのはすっごい表面上の理由だけな感じがします。今戦ってるのは復讐じゃなくて、相棒として決着をつけるためのはずなんです。
そして落ちます。小蘭のおかげでもありますが、アランがキースの頭を抱くようにしてくれたおかげでキースは助かります。
それでキースはやっと正気になるんです。それですごいスッキリしたんだと思います。今まで何やってたんだろう的な。アランもそうでしょと呼びかけるけどアランは目を覚まさない……。ここで終わりです。
これでアランが死んだか生きてるかによってこの後描かれていないキースがものすごく変わるんです。なぜなら、キースにとって理解者だったりキースが話を聞くような他の人物、ステラ、祐司、リチャード、サイラス、モーリスは全員死にました。大人嫌いのキースにはこれ以外に信頼できる人などいないでしょう。
しかも、キースはシベリアでトラウマが1950年でもまだ全然抜けてないくらいに心が弱いです。先に自分を正当化したりしないといけないくらい心が弱いんです。
ここでアランが死んだと考えてみます。キースの周りにはもう誰もいません。しかもアランが死んでしまったことによって、キースにはもう戦う理由も夢もありません。自分のケガよりアランが去る方が辛いのだから、自分が死ぬよりアランが死ぬ方がずーーーーーーっと辛いんじゃないかと。しかもステラや祐司は自分が助けられたかもしれないという上に、アランも自分が助けられた(自分がアランをかばえばよかった)となりますから、全員自分の大事な人が自分のせいで死んだ、しかも自分は死ぬべきようなことをしてきてかつ何度も死ぬチャンスがあったのに死ななくて、キースはその重荷に耐えられないはずです。キースにはもうキースに言葉が届く人さえいませんし、自殺するのが妥当かなと思います。
またついでに、キースは結局最後まで本当の復讐の相手が分かったのかさえ分かりません。もし分からないとすればこれからも金龍会を狙うでしょうし、でもだれもキースのお膳立てはしてくれません。それならキースは狙撃できないから復讐もできないと思います。もし分かったとしても、もうガブさんは死んでいてもうすべて終わってるのでもうどうにもできませんし、アランみたいに良い復讐さえなんにもできません。だから本当やばい……。
逆にアランが生きていると考えてみます。「アランが死んだ」とか脳髄とびでてるとかって表現ありませんもん…。ただ笑ってるだけですもん……。竜騎士作品は「死んだ」って書かれないともう信用できないの……。
で、アランが生きていたらキースは目を覚ますまでアランに付き合いますよね。アランが目を覚ましたら喜びますよね。そのあとはどうなるか分かりません。一緒に生きていくかもしれないですし、別々に別れ、キースはもうプリマヴェーラに残るのは難しいですし、アランは金龍会に戻ってしまうかもしれません。それでも、アランが生きていればキースが自殺することは絶対ないんです。アランとそれぞれ新しい夢にむかって歩いて行こうって言って、もう会わないかもしれないけど、それでもキースはアランとの約束のために絶対死なないと思うんです。
という、以上のことが私がつらい原因です。
ローガンプレイ直後はもう頭の中が混乱してしまって、ステラも葬式って言われるまではっきり死んだと思わなかったし、ローズや祐司は生きてるってはっきり信じてたのに、アランはなぜか死んでるって100%決めつけてた自分がいて……。それで前者の方しか思い浮かばなくてすっごいつらかったんです。
でも、今は後者の方も考えられます。確かに事実アランは死んだかもしれないけど、「死んだ」って言われてないんだから生きてる可能性だってあるんです。猫箱理論です。それで私、結構楽になりました。
アランが本気でキースを恨むか、キースが本気でアランを恨むか、キースくんが誰でも良いから殺されるか、私が心の底からキースくんを嫌いになることか、どれか一つでもできれば、いいんですけど、どれもできなくて……でもまぁ大丈夫です。
まだ完全に脱却したわけではありませんが、今は冷静に感想書ける程度にはだいぶ落ち着いてます。
また落ち着いたらいつも通り感想絵描きたいですね……。

それでは、ここまでよんでくださいまして、ありがとうございました!
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://minntoameame.blog95.fc2.com/tb.php/467-0871163d

Comment

Comment Form
公開設定