私のローガンラストシーズン妄想+α

ツイッターでだらだらしゃべってたラスト時シーズンの予想もとい妄想まとめ。
追加分もあります



じゃあ日付も変わったので私のアラキー中心のラストシーズン妄想でも語っていいですか?いいよね。語ります。ラストシーズンはリチャードが復讐の権化と化して敵は絶対金龍会だと思うところから始まるの。リチャードの味方のサイラスとリチャードと同じ考えのキースがそれに従うっていう。

もちろんプリマヴェーラはリチャードに従うんだけどみんなリチャードはやりすぎなんじゃないかって思いつつも敵は金龍会って点では一致するから結局リチャードに従うの。一方キースは始末屋としてリチャードに協力するためにアランに会いに行くの。でもアランは雪ちゃんや梅九さんと話した後だった。

だからアランは金龍会が犯人でないってことも知ってて勿論プリマヴェーラでもないから、確証はないけどそれ以外が犯人だって考えてるの。だからキースに金龍会のトップを始末しようって言われてアランは反対する。だって金龍会は犯人じゃないかもしれない。それがキースにとっては裏切りも同然だった

キースは犯人は絶対金龍会だと思ってるからアランがなんてことを言う出すと思ったし、絶対復讐したかったからアランのいう事を信じられなかった。最後まで裏切らなかったアランにもついに裏切られたと思った。だからキース自身が冷静でないのも相まってアランと口喧嘩してもう解散しようって言った後、

キースはそのままどこかへ行ってしまう。アランが連絡をとろうとしてもとれなかった。そうしているうちに金龍会とプリマヴェーラの抗争は激化していくのね。アランはキースのことを心配しつつもプリマヴェーラと金龍会の両方から情報を得られるのを生かして犯人は誰か探っていく。そして、

ガブさんが犯人だって突き止めるの。そして丁度その頃キースは今頃キースはこうしてるって情報も入ってきて、一人で狙撃手として活躍してるみたいだった。確かに充分な腕だったけど二人の時よりは落ちてるとも。でアランがキースになんとかしてキースに合おうと決意した直後にキースから連絡が入るのね

アランもキースも会うのは久しぶりだったから最初は日常会話したんだけどどこかぎこちなくてすぐ本題に入るの。アランは自分はこういう状況で本当の犯人はあいつだって話をして、キースも自分はこういう状況で何人も狙撃してるって話をして。それでお互い譲れないんだなって分かるの

だから、お互いがお互いを倒して決別しなきゃって思って。お互い同時に銃口つきつけて。細かい戦闘は省くけどだいたいキースが劣勢めでそれはキースも分かってたから、アランを拳銃から離させて逆転狙おうとしてキースも結局拳銃離して、最初は殺し合うつもりだったのに結局わけも分からず殴り合ってた

しばらくお互い殴り殴られて疲れ果ててどちらからともなく道路にぶっ倒れちゃうのね。呼吸整えた後どちらかからか「馬鹿なことしてたなぁ……」って言って一方がそれに同意して笑うの。「そういえば喧嘩はコミュニケーションだってアランの持論だったねー」みたいな会話して二人とも笑い合ってるのよ

「さっきアランが言ってたのなんだっけ?犯人は米軍なの?よく分かんないけどアランがそう言うならそうなんだろうねー。」「キース……」「じゃあ今度のターゲットはそいつかぁ。俺様、一人で狙撃するのだるくてさぁ。お膳立ては必要なんだよねー。やっぱ俺様アランがいなきゃ駄目」「キース……!」

みたいな感じで再結成したアラキーはリチャードを説得して、同時にガブさんの脅威から多少離れた大尉の助けもあってガブさんを狙撃して成功。(死ぬか死なないかは分からないけど)その時に「天使は名前だけだったよなぁ。」「天使になるよ。誰の死に顔だってね」って言って笑いあうんだよ

それでガブさんの一件は落ち着くんだけど、やっぱりプリマヴェーラを混乱させたリチャードはその責任をとらなくちゃいけなくてコンシリエーレをやめることになる。サイラスもそれにくっついてく。キースは所詮雑兵だから責任とらなくてもいいんだけどけじめとるためにやっぱりやめるの。

アランは反対するんだけどキースの決意の固さを聞いて納得するの。それでコンビを解散。キースはどこかへいってアランはプリマヴェーラに残って。それで1949年編は終わり、みたいな。アランとキースはもう会うつもりはなかった。ついでに1950年の妄想もしゃべりますね

とりあえずガブさんの一件を解決したプリマヴェーラだったけど、ローズは体調がだめでもう前に出れないしやっぱり混乱は続いてる。前よりも評判悪いし新たなリーダーが必要だった。そんな時に打倒プリマとしてジャンヌが現れる。それが1950年のスタートね。

ジャンヌ勢にプリマヴェーラはどんどん追い詰められていく。いよいよやばいってなったその時レオとツェルが帰ってくるの。レオは状況を理解してローズの意思をジャンヌに継がせようと考えて、ローズVS新生プリマヴェーラとしてウェインやメリルたちと一緒にジャンヌ側について、「プリマにはむかった

人たちをも集めたジャンヌがもはや栄光のないローズを打ち倒す」って話を作り上げた。ツェルはその時にワンダリングドッグを再結成してレオの目標を実現するためウェインをサポートする形で尽力、みたいな。そしてその準備が整って実行され、名目上ローズはジャンヌに打ち倒された……。

という感じがラストシーズンだったらいいなって私の妄想でした!長くてごめんね!!金龍会についで省きすぎてごめんね!!wwwでも自分なりに割ときれいな話になってると思ってる。フラグも回収してるし起承転結あるしOPの集合絵とかもこれで説明できるし。だからアラキーはああなったってさ……

問題なのはこれってきれいだからこそ割と普通で私でも予想がついてしまうのよ。つまり07thっぽくないのよ。だからこれが本当がっしゃーんされる話を竜ちゃんが作ってきそうで本当怖い……。とりあえず一通りしゃべれてスッキリしたのでこれで終わります。誰か感想くださいw

私はさっきの妄想のツイートの通り、今までのアイコンの人(レオとツェル)が去っていく法則とはあえて逆にシーズン3はアランじゃなくてキースが去っていくのかなって予想してる……。どちらにしても辛いよぉ……(´;ω;`)

それでは以下妄想追記分です。
妄想語るなら発売前の今だよね!www
・シーズン3は中国側に大きく動くんじゃないかと。ついに若君が大活躍みたいな。
中国側のトップの梅九さんと若君はプリマヴェーラが犯人ではないと考えてるけど、それ以外の人はみんなプリマヴェーラだと思ってるから、表向きそれに同調しつつ、裏で本当の犯人を探る。それにアランの協力したり逆に情報もらったりするのかな~。で、犯人わかったら一気に形勢逆転を狙うんじゃないかと。
・でももちろん雪ちゃんは大変。雪ちゃんを危険なことに巻き込まないように梅九さんもアランも若君も雪ちゃんに本当の犯人を探ってることは言ってないから、雪ちゃんはアランたち日本か梅九さんたち中国かどっちの味方をするか悩んだり、本当に仲良くなれないの?って悩みこむんじゃないかなぁ……。
・一方米軍側は作戦が成功したこともあってちょっとガブさんが油断したスキに、大尉がプリマヴェーラと連絡とるんじゃないかな。でもリチャードとはとれなくてローズととるんじゃないかと。あと大尉がガブさんを倒すためのお膳立てしたり、大尉が有能であってほしいなぁ……
・祐司も生きてると思うんです。だから現代に出てくるんじゃないかな
・リチャードやサイラスがプリマヴェーラを退く際、ウェインとメリルにいろいろたくすんじゃないかな。でそのときにウェインがコンシリエーレになるのかなぁ。
・アランとキースは再び解散したあとはもう会わないつもりだったけど、1950年にレオの計画に協力するために再びコンビを結成する必要があって再会して、「よぅ相棒久しぶり!」ってブランクを感じさせない親しさで再会してたらいいなぁ
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://minntoameame.blog95.fc2.com/tb.php/461-985d0314

Comment

Comment Form
公開設定